津山中央看護専門学校

文字サイズ

>
学校の特徴

理念

  財団法人津山慈風会の理想とする仁愛の精神を養うと共に、

人格の陶冶を目指し、幅広く教養を高め、高度な専門的知識

及び技術を教授し、看護専門職として社会に貢献できる

有能な人材を育成する。

 

本校の特徴

 津山中央看護専門学校は、財団法人津山慈風会が運営する

津山中央病院の看護師を養成するべく、昭和35年に、津山中央

高等看護学院として設立された伝統のある学校です。

 時代のニーズにあった授業や実習はもちろん、自治会活動や

課外活動にも力を入れ、感受性と創造性を高め、豊かな人間性を育てる

ことができます

 

 愛と調和、そしていたわりの心とおもいやり

 夢と希望を大きく開かせる環境が、ここにあります

 

   本校入学のイチオシ!

 !家計に優しい!        

   設置主体である津山慈風会から全面協力を得ているため、安い授業料で

   看護師国家試験受験に必要な単位が修得できます。

   各種奨学金の制度もあります。

 

 !1人1人に行き届いた教育!  

   1学年は40人。各教員が個別に指導するチューター制を導入。

   社会人基礎力に着目した目標管理を行いながら、学習の困難な状況の

   学生に対しては保護者と連携し、愛情を持って細やかに関わります。

 

 !実習病院が素晴らしい!    

  実習のほとんどは津山中央病院で実施します。病院へは徒歩3分。

   地域医療と最先端医療(陽子線治療)に貢献している病院での実習環境は

   バッチリです。卒業生もたくさん就職しています。

   実習のカンファレンスの中ではその領域に合わせたテーマのカンファレンスや

   倫理カンファレンスで倫理観を高めることもしています。

          

沿革

  昭和35年4月  津山中央高等看護学院2年課程として開校

  昭和52年4月  専修学校の認可を受け、

          津山中央看護専門学校と改称

  昭和63年4月  2年課程より3年課程に変更

  平成12年4月  40名定員に変更、新校舎に移転

  平成22年3月  創立50周年を迎える

 

 

 

地域への教育に関する協力

  県内を中心とした高校生への進路ガイダンスなど、高等学校

の進路指導へ協力、岡山県実習指導者講習会の講師、

看護教員養成の教育実習担当、近隣の病院研修の講師など、

看護教育へ協力しています。情熱をもった教員が、学内に

とどまらず教育活動を展開しています。

 

学校自己点検・自己評価への取り組み

   学校運営、カリキュラム運営、実習運営、教員の研修、

学生への指導等、学校自己点検ガイドラインに準じ、

年に1回、自己点検・自己評価を実施しています。

取り組みの中では、講義や実習を行う講師に対して、

学生からの評価も受けています。

 

本校学生の状況

在籍学生内訳

(30年4月現在)

1年生31期 41名(男子  7名) 岡山県内22名 社会人5名

2年生30期 43名(男子  4名) 岡山県内 25名 社会人 2名

3年生29期 28名(男子  3名)  岡山県内9名 社会人2名

国家試験合格率

平成30年 第107回 100%(全国現役 96.3%)

平成29年 第106回 97.1%(全国現役 94.3%)

平成28年 第105回 97.6%(全国現役 94.9%)

平成27年 第104回 100%(全国現役 95.5%)

 国家試験対策は1年生から始めています